地域への取り組み

車内放置の注意喚起広告を掲載

【#ココロナナイロ プロジェクト】

6月15日(火)に新聞折込広告の空スペースを活用し、車内放置の注意喚起を実施させていただきました。

自動車の車内温度は、比較的涼しい春先の時期であっても、状況により50℃以上に達する状況になることは十分に考えられるため、この度の注意喚起広告が「車内が高温になることはないだろう」との保護者の過信や誤解により、安易に子どもが放置されることを防ぐ一助になればと思います。

また、6月25日にPSJ店舗へ外部識者の方をお招きし、これまでの車内放置事故についてや、実際に発見した際の対応についてなど、様々なお話を伺いました。

これからも子どもの車内放置事故が起きないよう、地域の皆さまと一緒に取り組んでいければと考えております。

*掲載したイラストは、個人使用・商用利用に関わらず、サイトへのアップ、データの再配布等はご遠慮ください。